バスルームの主役・バスタブの材質にこだわる

コラム
logo

バスルームのリフォームとバスタブの材質バスルームのリフォームをする場合、どこに一番注目しますか?
多くの人はバスルームの主役であるバスタブに注目するのではないでしょうか。
しかし、最近はバスタブの材質も多種多様です。
材質の特徴をよく理解して、上手に選ぶ必要があります。
ここでは、主なバスタブの材質の特徴について説明します。

人工大理石人工大理石はカラー・バリエーションが豊富です。
人工大理石の材質はアクリル系とポリエステル系があります。
透明感があり衝撃に強いのはアクリル系です。
人工大理石は汚れが落ちやすく、価格帯も幅広いものです。

ホーローホーローの材質には、鋼板ホーローと鋳物ホーローがあります。
ホーロー層の仕上げはガラス質です。
独特な質感があり、滑らかで、肌ざわりも良いものです。
色合いの美しさや、保温性に優れる点も特徴です。

FRPFRPという素材は、あまり聞いたことがないかも知れません。
FRPは、ガラス繊維強化プラスチックのことです。
しかし、バスタブの材質としては一般的で、柔らかで温かみを感じる材質です。
価格も手ごろで、汚れが落としやすいのもメリットです。

木製木製のバスタブも根強い人気があります。
日本人なら、木製のバスタブに安らぎを感じる人も多いでしょう。
木には独特の温かみや香りがあります。
木製のバスタブの材質は、サワラ、ヒバ、ヒノキなどです。
価格帯は木材の種類によってかなり違います。
保温性、耐熱性、耐衝撃性に優れますが、汚れやすいのが難点なので、まめに清掃をする必要があります。

ステンレスステンレスは、耐久性、保温性の点で非常に優れた材質です。
価格も手ごろで、錆びや傷に強く、掃除も楽です。
但し、ステンレスの手触りや冷たさが気になるという人もいます。