定期的に行いたい排水口のお手入れ方法

コラム
logo

排水口汚れの原因は?お風呂場の排水汚れには、主に石鹸カス、体脂、皮膚、毛が含まれています。
その他、浴室で手洗い洗濯や靴洗いをする場合には、砂や泥、排泄物まで様々な汚れが含まれます。
放っておくと、ニオイや排水口詰まり、不快なヌルヌル汚れの原因に。
日々のこまめなお手入れが基本です。

日々のお手入れ汚れは軽いうちに、が、掃除の基本。
入浴が済んだら、小さな汚れを必ず洗い流しましょう。
熱めのお湯シャワーをかけて石鹸分等を洗い流します。
その後、冷水シャワーを撒いて浴室の温度を下げれば、カビの発生予防に。

排水口にあらかじめ、排水口用カバーやネットをかぶせておくと、詰まり対策になる上に、お手入れも楽になります。

それでも汚れてしまった時にはスポンジに中性洗剤を含ませ汚れを取り、シャワーできれいに洗い流します。
中性洗剤でも落ちない場合には、クリームクレンザーを使用します。
強くこすらないようにしましょう。

簡単エコ掃除排水口掃除には、“重曹+クエン酸”の発泡力が効果的。
重曹=アルカリ性 酸性汚れを落とします。
クエン酸=酸性 アルカリ性の汚れを落とします。
クエン酸の変わりに、お酢でも可能です。
簡単にエコなお掃除ができます。

(1)排水口に100cc程度の重曹を振りかけます。
(2)次に、3対1の割合でお湯に溶かしたクエン酸を一気に注ぎます。
→ 大量の泡が発生します。
(3)泡が落ち着いたら、古い歯ブラシなどで軽くこすります
(4)水で洗い流しましょう。