毎日行いたい浴室のお手入れ方法

コラム
logo

浴室は、身体から出る皮脂、水の汚れやカビ、せっけんのカス、シャンプーやリンスが付着してしまうなど、さまざまな汚れが付きやすい場所です。
汚れは放っておいてしまいますと、こびりついてなかなか取れない汚れとなりますので、その日のうちのお手入れが大切といえます。

毎日のお手入れの基本①シャワー(お湯)を使って汚れを洗い流す
床から1mくらいの高さまでの壁や浴槽には、特に汚れがつきやすいです。
少し高めの温度で念入りに流しましょう。

②スポンジでやさしくこする
こびりついた汚れがある場合は、スポンジを使います。

③シャワー(水)をかける
お湯をかけたことで上がった浴室内の温度を常温程度にさげましょう。

④十分に換気をする
換気扇を回すか、窓があれば窓を開けましょう。
床や壁に水分が残っている場合は、水分を拭き取ると効果的です。


場所別のお手入れ方法【床・壁・浴槽・フタ】
こびりついた汚れは、スポンジで傷つけないようにやさしくこすり落とします。

【カウンター・収納部】
カウンターや、カウンターと壁、浴槽の間は汚れがたまりやすく、シャンプーやリンス、せっけんなどを収納するケースやラックは容器底に液がたまりやすいので、丁寧に洗い流しましょう。

【ドア・照明・換気扇・暖房器】
ドアに直接シャワーをかけますと、水が浴室の外へ出てしまう場合もありますので、湿らせた布でふいた後、乾いた布で水をふきとります。

【水栓・鏡】
汚れを洗いした後、水分を拭き取ります。

東京夢工房の浴室リフォームの方法は2種類あり、住まいに合わせて行うことができます。
浴室のリフォームで、お手入れのしやすい、快適な浴室を実現しましょう。