ガスコンロのお手入れ方法

コラム
logo

ガスコンロの油や煮汁による汚れは、温かいうちは拭き取ることができますが、焦げ付いて固まってしまうと取れにくくなります。
汚れがついたら普段から拭き取るようにします。
お手入れを行う際はやけどに注意し、元栓は閉めてから行いましょう。

トップレートは台所用の中性洗剤をつけたスポンジで円を描くように磨きます。
凹凸のあるところは割り箸に布を巻きつけて行うと便利です。
洗剤を水拭きで拭きとり、乾拭きで仕上げます。

ゴトク・汁受け皿は、洗剤をつけたスポンジで汚れを落とし水洗いします。
油汚れがこびりついている場合は、中性洗剤を溶かしたお湯を入れたゴミ袋にしばらくつけておきましょう。
その後クリームクレンザーを付けたスポンジでこすり、洗剤を洗い流して水気をよく拭き取ります。

バーナーキャップは汚れを放っておきますとガスの出が悪くなり、不完全燃焼をおこす恐れがあります。
歯ブラシで煤を取り、竹串でバーナーの穴のお手入れをします。
キャップは正しい場所に戻さないと着火しない場合もありますので、元の場所に戻すようにしましょう。

ガスコンロの操作部周りの汚れは、中性洗剤をつけたスポンジで落とし、水拭きと乾拭きをします。
ガスコックは、中性洗剤をしみこませたキッチンペーパーで包み、しばらく置いてから水拭きと乾拭きをします。
取り外せないゴトクや汁受け皿もこの方法を行うと便利です。

キッチンリフォームでは、汚れが焦げ付きにくい構造にしたり、お手入れもしやすいガスコンロにすることが出来ます。
調理面でも便利で安心な機能が付いているものもありますので、キッチンリフォームでお料理もお手入れも快適に行えるシステムキッチンにしましょう。