排水口のお手入れ方法

コラム
logo

キッチンの排水口からは、油や細かいごみなどが毎日流れ出ています。
排水管に汚れがたまりますと悪臭の元になり、放っておくとカビの原因にもなります。
汚れをためないように、気になった時にはお手入れをすることが重要です。

排水口の部品を上から順に外したら、
洗剤をつけたスポンジや歯ブラシを使ってきれいに洗いましょう。
塩素系の洗浄剤はステンレスを傷つける可能性がありますので、中性洗剤を使いましょう。
逆流を防ぐ排水トラップは内側にぬめりが付きやすいので、忘れずにしっかり洗います。
部品の掃除が終わったら、排水口の縁や内側の洗浄をします。

パイプ内のぬめりはパイプ用のブラシなどを使って手の届く範囲を擦ります。
歯ブラシを使う場合にはパイプ内に落とさないように十分注意してください。
最後に洗剤をたっぷりの水で流しましょう。

普段からバスケットのごみをこまめに捨てることや、ごみ取りネットをつけることで排水口の詰まりを予防できます。
それから、パイプ内に重曹1/2カップを入れた後に、お酢1カップを少しずつ流し入れ、30分ほどおいてからお湯を流しますとパイプ内の汚れや詰まりを洗浄することが出来ます。

排水口はキッチンの中でも最も汚れやすく、お手入れもしづらい場所です。
キッチンリフォームでは、排水口のお掃除をしやすい設備にすることも可能です。

また、部品に傷がついてしまっていたり、汚れが落ちない部品は新しいものに交換した方が良いこともありますので、キッチンリフォームで普段も使いやすく、お掃除もしやすい快適な設備にしましょう。