シンク・水栓のお手入れ方法

コラム
logo

シンク・水栓の汚れはぬめりや水垢の水性汚れがほとんどで、ステンレスの輝きを保つためには、使用後に水気を残さずに拭きあげることが重要になります。
この汚れは放っておきますと、取れにくい頑固な汚れになってしまいます。

普段のお手入れでは、まず台所用洗剤をつけたスポンジで汚れを落とします。
汚れを落とす時は研磨目に沿って、力を均等に入れて丁寧に擦るようにしましょう。
手の汚れが付着しやすい水栓の取手部分や裏側も同様に擦ります。
洗剤を洗い流したら、カラ拭きで磨くように水分を拭き取っていきます。
水栓の付け根部分は水がたまらないようにしっかり拭き取りましょう。

シンク・水栓のくもりや、白いぽつぽつ汚れは水アカの取りこぼしが原因になります。
くもりのお手入れには、水アカ専用のダスターを使用しましょう。
水栓の付け根には歯ブラシを使うと便利です。

白いぽつぽつ汚れには、歯磨き粉かクリームクレンザー使って取ります。
こびり付いている場合にはお酢かレモン汁など、汚れ成分を分解してくれる酸性のものを加えて擦りましょう。
ステンレスは放置していた缶や金属のたわしなどからサビが出ることがあります。
サビは歯磨き粉やクリームクレンザーを使って落とし、きれいに洗い流したら水気をしっかり拭き取ります。

キッチンの汚れは設備の老朽化とともに付きやすくなり、そして落としにくくなっていきます。
汚れが付きにくい素材にキッチンリフォームをしますと、こうしたお手入れもとても楽になります。
また、キッチンリフォームで理想のキッチンを実現することができますので、毎日のお料理も楽しくなるでしょう。