リフォームと建て替えのメリット・デメリット

コラム

住宅の不満を解消するためには、リフォームや建て替えという手段が用いられるでしょう。
リフォームのメリットは様々あり、建て替えに比べて総費用や安くなることが多いので、予算が少ない場合にもおすすめになります。
またリフォームであれば変えたくない部分や使えるものはそのまま残し、不満があるところだけリフォームをすることができるため、効率の良い工事が叶うためです。
近頃はバリアフリー化、子どもの成長に合わせて改修したいというケースも見られますが、リフォームならば求める条件と必要な部屋だけを行うだけで済みます。
また工事の内容によっては、仮住まいの場所を確保する必要がなく、工事をしながら住み続けやすい点も魅力でしょう。
リフォームにはメリットがとてもたくさんありますが、逆にデメリットとして元々の構造次第では、大幅なリフォームが難しいケースがある点が挙げられます。

建て替えの場合はもともと住んでいた住宅を活かすことなく、イチから作ることになります。
全く新しい住宅作りができる点はメリットで、時代に即した最新の住宅デザインにしやすく、住む人の意見を取り入れやすくなるからです。
設計段階から関わることができるのであれば、自分の意見を最大限反映させられ、元々の住宅が抱えていた問題を基本的にはすべて解決可能でしょう。
ただしデメリットも大きく、費用がリフォームに比べて高額になり、工期が長くなるので仮住まい場所の確保や費用負担が大きくなってきます。
リフォームと建て替えのメリット・デメリットを比較すると、様々な面でリフォームの方がおすすめです。
しかし、築年数が経過しすぎている場合、大きく間取りを変えるリフォームなどの大掛かりなものができないことがあります。
それは現在の建築基準法や条例の改正で、建てた頃の基準とは異なることが出てきた場合です。
きちんと業者に調べてもらいましょう。