窓リフォームは省エネ生活への第一歩

コラム

冷暖房が高性能であっても、家全体の断熱性能が低ければ、夏が暑くて冬が寒いという過ごしにくい家になりますし、光熱費もかかってしまいます。
特に窓については、外の気候からの影響をダイレクトに受けてしまいます。
外から入ってくる熱や出ていく熱の60パーセントから70パーセントが窓からである、というデータがあるくらいです。
せっかく冷暖房があっても、窓から熱が出て行ってしまっては省エネとは言えません。
そのため、窓ガラスの性能を上げるリフォームをすることで、家全体の断熱リフォームが可能になります。
窓のリフォームと一口に言っても、内側、ガラス面、外側などでさまざまな方法があります。
手軽なものから大規模なリフォームまでありますので、自分たちの予算や目的に応じて選ぶことができます。
そして冷暖房の効果も最大限にすることができ、光熱費削減につながります。
そして何より、冷暖房を少ししか使わなくてよいので、身体にも良いです。

窓の性能を上げて省エネを実現するリフォームはまず、ハニカムです。
ハチの巣のような断面を持つ断熱スクリーンを取り付けるだけで省エネ、光熱費削減につながります。
これは、賃貸住宅など構造を変えられないところでも可能な方法です。
また、窓ガラスを断熱や遮熱のものに交換するだけで、省エネと光熱費削減が実現できます。
たとえば、エコガラスは、2枚のガラスの間に特殊な金属膜をコーティングしたものであり、断熱と遮熱の両方を実現します。
家の外側にも対策をすることができます。
賃貸住宅などでは、西洋式すだれを立てかけたりすることで対策になります。
西洋式すだれは巻き上げ式ですので、比較的簡単に取り付けられます。
遮熱スクリーンを取り付けるだけで、夏場の暑い日差しをカットしてくれます。
冷暖房をあまり使わずに済みますし、設定温度もマイルドですので、光熱費の削減につながります。